内申点アップ術⭐︎オール5も夢じゃない

勉強しなさい!と言わなくても、勝手に勉強を楽しむ子になります!そして自然に簡単に内申点が取れるようになりました。塾なしでも、家でできるコツを紹介しています。

サンタさんの存在を話す時

サンタさんが、親だったということがバレてしまった時、どう対応されるか考えていらっしゃいますか。

 

私には苦い想い出があります。

小学校低学年のクリスマスイブの当日。いつもより特別な夕飯が準備される中、姉と他愛もないことで喧嘩になりました。そして姉が「サンタなんていないよ。プレゼントはあのクローゼットの中だよ」と言い放ったのです。

 

更に年上の兄は平然とその話を聞いており、母も諦めモードで料理を運んでいます。

 

嘘嘘嘘!!!嘘だー!!!と叫びながら怒りと悲しさで涙が止まらなかったのを覚えています。

そして、今までいるかもしれないと夢見ていた妖精や小人、魔法使いの存在もぜーんぶ嘘だったのかもしれないと、本当にガッカリしました。

その後のご馳走がなんとか気持ちを落ち着かせましたが、姉に対する怒りは数日間消えなかったように思います。

 

こんな想いはさせたくないと思い、子育てをしてきました。

 

でもあっさりと長女にも次女にも、サンタさんの存在が親だということをバラしてしまったのはパパでした。

 

最初は長女にバレました。

姉妹がサンタさんに書いた手紙、お製作のプレゼントはパパの部屋に隠して保管していました。それを忘れてしまったパパは自分の部屋を年末の大掃除をしている最中にそのお製作を見つけ、何を勘違いしたのか「これどうする?」と長女に聞いてきたのがきっかけでした。

 

それをきっかけに、ベッドに突っぷす長女。何故突っぷしているのか、泣いているのか、怒っているのか、理解できない親2人。

 

「どうしたの?」と聞いても泣いて答えない。何度も聞いているうちに、「何で嘘ついたの?何でサンタはいるって嘘ついたの?」と大泣き。

あー、そうかー。と理解する私。娘が泣く姿にアタフタするパパ。

 

「サンタさんは本当にいるよ。テレビでもみたことあるよね?サンタさんは昔から恵まれない子にクリスマスにプレゼントをあげていたんだよ。でも、親がきちんとプレゼントをあげれる家は親がサンタさんになるんだよ」と説明しました。

「でも何で嘘をついたの?初めからそう言ってくれれば良いのに!」と更に泣きました。

「幼稚園で皆がサンタさんからのプレゼントを楽しみにしてるのに、うちはサンタは来ません。親がサンタです。とは言えなかったよ。楽しみにしてるあなたたちを見たら。だから嘘をついたつもりはないよ。」と話しました。

すると納得した様子でしたが涙は止まりません。

「今リビングにいる妹はサンタをまだ信じてるよ。それだけは忘れないでね」と伝え、抱きしめて話は終わりました。

 

次女も一年後、パパのうっかり発言でサンタさんの存在の真実を知りました。長女同様大泣きで、パパはアタフタ。私が同じ話をして納得してもらいました。

 

今でも2人は「もう!パパったらねー。バラしてさー」と冗談まじりに話しますが、サンタさんがパパだと知ったことを、嬉しくも思っているようにみえます。今年もサンタさんにクリスマスプレゼントを頼むようです🎁

小さなお子さんをお持ちの親御さんにお家遊びのススメ

勉強を楽しいと自ら進んで勉強をする子に育てるために親御さんとのお家遊びは本当に大切です。

 

楽しい!出来る!を増やすことが子供の自信となり、やってみようというチャレンジ精神にも繋がります。

 

私は子育てがひと段落してから、保育園に勤務をしています。

3歳から6歳までの子供達と接することが多いのですが、年長さんになるとお家でどんな遊びをしているかで様々な差が出てきます。

 

○スラスラとひらがなを読み絵本を読める子は、お家で年齢にあった絵本の読み聞かせをきちんとしてもらっています。

○目、鼻、口を描き、お顔をかける子は、お家で親御さんと一緒にお絵描きをしています。最初は親御さんの描く絵をじっと観察して真似することを覚えます。

○折り紙の端と端をきちんと合わせて、指でアイロンをかけて綺麗に折れる子は親御さんと折り紙遊びを楽しんでいます。

○はさみで綺麗に紙を切れる子は、親御さんとお家で七夕飾りを作ったり、工作をしています。

 

ポイントはそばに親御さんがいて、安全に気をつけながら、親御さんが率先して遊びを楽しむことです。

大好きなママやパパが楽しそうにしている遊びは子供達も興味を持ちます。

休日は半日でも良いので、子供達と思いっきり遊ぶことをオススメします。

 

そうすることで小学校に上がった時に、出来ることが多くなります。

先生に褒められたり、できた!という自信と楽しさが様々な場面で前向きな気持ちを引き出します。

 

ここで重要なのは、出来るようにしよう!と厳しく指導しないことです。

まだ生まれて数年の我が子。何かができたら、それだけで素晴らしいのです!

大げさに褒める必要はありませんが、できた事実をそのまま笑顔で伝えることをオススメします。

 

「折れたねー」「切れたねー」「描けたねー」などなど。

 

そして、「○○ちゃんと一緒に遊ぶとママは楽しい!」という雰囲気が大切です。

 

我が家では、小麦粉と水を混ぜた小麦粉粘土で遊び、その後粘土の作品を使ってお店屋さんごっこをして楽しんでいました。

 

時間がなければ、しりとりでもなんでも良いのです。四季を意識して保育園からの帰り道に、桜が芽吹いている話や木の葉の話をしたり。クイズの出し合いっこも良いと思います。え?そんなこと知ってたの?という新しい発見もあるかもしれません。

 

私は父が寝そべった体をカウンターに見立てたお寿司屋さんごっこが大好きでした。そこで様々な魚の名前を覚えました。また、そらで話してくれる昔話も大好きでした。絵本がなくてもお話をしてあげられると、子供達が幼い頃には良く話してあげていました。

 

YouTubeやオンラインゲームではない楽しみを沢山伝えていきたいですね。

 

小さなお子さんをお持ちの親御さんにオススメの本

それは親野智可等(おやのちから)先生の本です。

 

子供達が幼稚園児の時に、先生の本に出会い「勉強が楽しいと自ら進んで勉強をする子」にするためのヒントを沢山もらいました。

 

幼い頃は自己肯定感を育む方法を。

小学生では楽しんで勉強する方法を。

そして好奇心の芽を大切にすること、褒め方で大事なこと、親子の関係で大切なことなど。

 

今でも心に強く刻まれていることは、「親は親のことが大好きな子供に甘えている。叱っても感情的に怒鳴っても我が子だから大丈夫、ではない。感情的に振る舞う人をいつか子供は心の中で信頼できなくなる。尊敬できなくなる。

子供が間違ったことをしたときは、静かに本当に理解してほしいことを冷静に伝えましょう」といった部分でした。

 

それで感情的に叱らなくなったか?と問われれば答えはノーです。でも、感情的に話している時、子供達の話を聞こうとする心のスイッチはオフになっていることに気づきました。

これでは意味がないとわかり、大切なことを話すときはできる限りお友達のお子さんに話すようにわかりやすく話すよう努めていました。感情コントロールの難しさと大切さを痛感させられました。

 

小学校の先生であった親野智可等先生は、クラスをまとめようと試行錯誤していたようです。

ある時、子供達からの人気や信頼感が薄れていると感じ、それまでの教育方法をガラリと変えたそうです。

 

先生には沢山の著書があります。

どれもオススメですが、

「叱らないしつけ」

「親力で決まる!」

の2冊は本当にオススメです。

 

「叱らないしつけ」はしつけは叱ってするものだと思っている方には目から鱗の内容です。ただ単に子供を甘やかすのではなく、自己肯定感や安心感を与えながら、間違っている行いを間違っていると子供に理解させるための方法などが書かれた良い本です。長所と短所の捉え方なども為になりました。

 

「親力で決まる!」は学習面の力を伸ばすヒントが沢山書かれてあります。他にも学校で落ちついて授業を受けることができるよう、親にできることと親がやってはいけないことが書かれてあり自分自身を振り返る良いキッカケになると思います。

 

私も久しぶりに読み返してみたいと思います。

ハグ

突然ですが、お子さんとハグしてますか?

 

我が家はしています。

1日に1回ほど、お休みの挨拶の時などにハグをしています。

 

子供から求めてくることが殆どですが、忙しく過ごしていて「あ、最近ハグしてないな」と思うと、私からもハグをします。

 

ハグは幼い頃に抱っこをせがまれた延長線上にあるように思います。だからハグの最中は背中をトントンと叩いてしまうことも。

 

息子さんだとハグもなかなか難しいかもしれませんが、スキンシップは思春期になってからもとても大切だと思います。

ママ友の息子さんは、中学校に行く時に玄関で突然「母さん、ハグしてくれる?」と言ってきたそうです。

少し驚いたそうですが、色々と悩みを抱えている時期だったので、久しぶりにギュッとハグをしたそうです。

息子さんは恥ずかしそうにしながらも少し笑って中学校に向かったそうです。ハグには一瞬で安心感を与える凄い力があるのでしょうね。

 

ちなみに、我が家ではパパともスキンシップがあります。さすがにハグはありませんが、気づくと長女も次女もパパの隣にちょこんと座ってパパにもたれかかっていることがよくあります。

 

パパのほっぺに行ってらっしゃいのキスをするのも、最近は長女はやらなくなりましたが、小さい頃からの日課で私と次女は今も続けています。

 

嬉しそうに出かけて行くパパ。

幸せなパパです。

 

親子喧嘩することももちろん沢山ありますが、基本的に家族が仲良しでいることが子供の自己肯定感を育み、安心感を与えられるのかなと思います。

 

中学生の間は、このままハグを続けていきたいと思います。

内申点が高いと塾代が?!

内申点が高いと良いことが多々あります。

 

◉公立高校の入試に有利になる

公立高校の入試は

内申点+当日のテスト+面接です。

内申点が高ければ高いほど、気持ちに余裕を持ち当日を迎えることができます。

 

◉志望の私立高校の専願枠を獲得できる

内申点の基準や出欠の条件を満たしていれば、専願で志望する私立高校を受験する資格が与えられます。

 

◉私立高校の併願に有利になる

併願基準を満たしていれば、より高いレベルの希望の私立併願校の受験資格が与えられます。

 

 

その他にも塾によっては特待生として、塾代なしで塾に通うことができます!!!

 

ちなみに長女が体験で通った塾は、特待生制度があり、長女の内申点ならば、教材費や夏期講習代以外は全て無料で塾の授業を受講できると勧められました。

 

条件としては、5教科全てを受講すること。地域のトップ校を受験すること。の二つでした。

でも実際には、受験間際になり地域の2番手校を受験したとしても、受講料の返金は求めませんとのことでした。

 

塾代が無料?!驚きでした!それなら是非通わせたい!と一瞬思うほどでした。

 

我が家は前にもお話した通り、入塾にはいたりませんでしたが、塾の体験や特待生制度の存在は長女のモチベーションを上げることができたと思います。

 

塾に入るタイミングを見計らっている方、地域のトップ校やそれ以上の高校を目指す方には本当に良い制度だと思います。

 

もし悩まれている方は、二年生の後期の内申点を持って学習相談に行かれることをお勧めします。

 

オール5の夢は、、、

昨日、長女が高校入試に一番大切な内申点(仮内申)をもらい帰宅しました。

 

中学二年生の後期に44というオール5に迫る勢いの内申点をもらいましたが、中学三年生の後期の内申点は43で終わりました。

でも、前期の内申点が40だったので、3点あげることができ、本人としては大喜びでした。

公立高校の滑り止めである私立高校も変える必要がなくなりました!

 

また公立高校に必要な内申点は、二年生後期の内申点と、三年生後期の内申点を2倍にしたものを足します。

満点だと45+(45×2)=135

長女は44+(43×2)=130

という結果でした。

 

ちなみに長女の三年間の成績はこの通りです。

f:id:naishin:20191129225202j:image

 

三年間通して考えてみると、一番苦手な保健体育と一度しか5を取れなかった社会に苦しめられました。

社会が一度だけ5を取れた時は、テストの点数も悪くはありませんでしたが、人権について書いた作文が県内の銅賞を取ったことが大きかったと思います。

しかし、社会を勉強する楽しみを見出せなかったこともあったのか、その後の勉強時間も親から見ても多く取ることはなかったように思います。

本番のテストも社会が一番のハードルとなっています。

 

反対に長女が嬉しかったのは理科が5になっていたことです!!!国語と体育は成績が上がるだろうと思っていたようで、理科と社会はどうなるかわからなかったようです。

 

実は長女は三年生になって、理科の教科担任でありクラスの担任である先生の理科の教え方に不満を持っていました。

一、二年生の時の理科の教科担任は、教え方に工夫があり、塾に通っていない生徒たちにも新しい発見や考え方を教えてくれる先生のようでした。

 

三年生になってすぐ、「理科の授業が分かりづらい。教科書や進研ゼミのテキストの方がよくわかる」とこぼしていました。

 

それでも理科のテスト直しレポートや理科についての新聞記事のスクラップブックなど、強制ではない提出物も提出し、前期の面談で、テストの点数が足りないと言われた分、テストの点数も数点ですが上げました。

その成果か、理科の内申点を4から5に上げることができました。

 

先生曰く、長女のクラスでは3.4人しか理科で5をつけられなかったそうです。

長女は恐らく、ギリギリのところにいたのをあげてもらったのでしょう。

 

長女のオール5の夢は、残念ながら夢のまま終わりました。

でも、長女の約三年間を通して、内申点をとるために必要な事やそれで得られる事などが良くわかりました。

 

次女もオール5を取りたい!と燃えているので、今後は長女の受験のサポートをしながら、次女を応援していきたいと思います。

 

 

本当に入りたい高校を見つけるために

長女は、ここに入学したい!というような高校に出会わずに、中学三年生になりました。

 

親がしてあげられることは、一年生の内申点が出た時から、その内申点に見合う高校の文化祭などに本人が足を運べるよう勧めることくらいでした。

 

いくつかの公立高校と私立高校に行きましたが、ピンとくる学校には出会えず。なんとなくその中でレベルが高く、電車も下りで通いやすい高校を気に入ったという感じでした。

 

中学三年間は本当にあっという間です。

学校の先生は中学三年生の夏休みに色々学校見学に行きなさいとおっしゃいますが、それでは間に合いません!

 

中学一、二年生の間に、志望校となりうる学校の文化祭には足を運ぶことを強くお勧めします!!!

 

中学三年生の秋以降は、説明会の日程も他の志望校とかぶる可能性が高くなります。また、12月初旬には滑り止めの私立併願校の決定。年明けには公立高校の志望校の決定があるので、学校見学に費やせる期間は実質二年半しかありません。

その中で、志望校の文化祭が定期テストの直前であったり、志望校の説明会が中学の文化祭の日程と被ることもあるので、三年生になってから動くのでは遅いように感じます。

また、勉強すべき大切な時期に学校見学に時間を取られるのもストレスになりかねません。

 

早め早めの行動でゆったりした気持ちで良い出会いに期待したいものです。

 

行きたい高校が決まったら、下校時間の16時頃に学校の近くに行ってみるのも、生徒たちの雰囲気がわかって良いと思います。

 

長女は中学三年生の10月末にやっと、心から行きたい!と思える高校に出会うことができました。