内申点アップ術⭐︎オール5も夢じゃない

勉強しなさい!と言わなくても、勝手に勉強を楽しむ子になります!そして自然に簡単に内申点が取れるようになりました。塾なしでも、家でできるコツを紹介しています。

親子関係と子供の心の安定

親子関係と子供の心の安定が大きく関わっていることは、広く知られていることだと思います。

我が家では父親の存在が娘たちの心の安定に大きく関わっているように感じます。

 

我が家の娘たちはパパが大好きです。毎日私に、「今日パパは何時に帰ってくる?」「今日パパは飲み会?」と確認してきます。

 

土日や休日になると、思春期になった今でもパパに寄りかかったり、一緒にテレビを観たり、それぞれの趣味の話を聞かせたりしています。

 

うちのパパは、仕事と自分の趣味を一番に優先しています。家族を大切にしてはいますが、いつも家の外に目が向いている感じです。自分の趣味の時間を作りたいので、率先して家のことをしてくれます。そして堂々と出かけて行きます。

とにかく子供たちの勉強面にはノータッチ。「君たちは大丈夫でしょー」と言うくらい💦穏やかで優しくて、家族の希望をできるだけ受け入れようとしてくれ、声を荒げることも全くありません。

 

大らかでユーモアがあって多趣味なパパは子供たちの癒しの存在のようです。

 

新型コロナの影響でテレワークが始まり、週に何度か出社する以外は家にいます。もちろん飲み会もありません。

料理も趣味の一つのパパは美味しい夕飯まで作ってくれます。

パソコンで課題に取り組む長女のヘルプにも頼りになる対応。

 

これでますます、娘たちとの絆も深まっている様子♡

 

自粛期間で家族の時間が増え、悪い事ばかりでは無いなーと思います。

 

私の住む地域でも、下の子は明日から通常登校が始まります。

日常に戻っていくことを喜びつつ、不安でありながらも、いつもより穏やかな時間を過ごせたことを忘れずにいたいです。

これから今まで味わったことのない世界で学校生活を送る子供たちの、心の支えになれる家族でありたいと思います。

 

 

昔遊びしませんか

幼稚園、保育園に通う幼児さんをお持ちのお子さんをお持ちの方にオススメなのが昔遊びです。

 

勉強を楽しいと自ら進んで取り組む子に育っている娘達は、幼い頃よく昔遊びをしていました。

 

折り紙やおはじきは勿論、コマ回し、けん玉、お手玉紙風船、凧揚げ、福笑いなど様々な昔遊びをしました。

 

例えば折り紙は、指先の細かい作業になるので、指先の使い方が自然と丁寧になります。

そして集中力も養われます!

初めは大人が教えてあげて、少し経つと折り方の本を見ながら自分で折ろうとします。

できなくても何度もやり直し、できたときの達成感を味わいます。

 

折り紙が苦手な子はけん玉もオススメです。けん玉も集中力が必要になります。

また今はインターネットでコツを調べれば比較的簡単に上達すると思います!

ちなみに我が家は、皆けん玉は剣先に入れることができます。

 

小学校低学年で、お正月前後に昔遊びをする学校も多いそうです。

そこでコマ回しができる!あやとりが上手!そんな何かがあると、きっと学校生活が何倍も楽しくなると思います🎵

 

娘が小さい頃から「集中力、達成感、楽しい!」この3点セットが小さな事でも何度も重ねられる子供時代を過ごさせてあげたいと思い、子育てしてきました。

その結果、割とどんな事も「やってみようかな!」と積極的に物事に取り組むように育ったように感じます。

 

f:id:naishin:20200512152340j:image

↑写真だとわかりづらいのですが、一応回っています。次女と久しぶりにコマ回しをしました!

 

f:id:naishin:20200512153122j:image

↑長年使われたけん玉。味のある風合いになってます。

酵素シロップ作り

定期的に作っている酵素シロップ。

 

今回は国産のグレープフルーツで作ることにしました。

 

f:id:naishin:20200507221155j:image


材料はシンプル。無農薬、もしくは減農薬のフルーツと上白糖だけで作ります。

 

カットしたフルーツと上白糖を瓶に入れると、半日でフルーツから水分が出るので、よく洗った素手で1日2回朝晩上下を返すように混ぜます。
毎回50回程、空気にふれるよう美味しくなーれと思いながらよく混ぜるだけです。

夏場で1週間、冬場で3週間。
フルーツが完全に浮いて表面に細かい泡がプツプツ出てきて、混ぜるとシュワシュワと白い泡が立てば完成です。アルコールのような香りもほのかにします。
そのあとはボウルで漉して出来上がり❤️

フルーツと上白糖を買ってくると、娘たちは「あ、あれ作ってくれるの?」と嬉しそう!

フルーツを切って瓶に詰めると香りを嗅ぎにやってきます。

 

ダイニングにドーンと置かれた瓶。日々色や香りが変わっていきます。1週間家族の注目を集めることでしょう。

発酵の過程を見ながら、フルーツの香りを楽しむ。出来上がったら美味しくて体にも良いので、楽しみながら混ぜ混ぜしようと思います。

 

美味しいシロップになりますように。

 

初めて

マスク作りました!

家族分だけですが、一枚ずつできました。

本当は裁縫苦手ですが、使い捨てマスクではきっとこの先どうにもならない。子供が学校に行ってない今は良くても、登校できる日が増えてきたらそれはそれでマスクが必要になる!ということで、それに備えて今からせっせと作っています。

 

白のダブルガーゼがたまたま手に入り試作品を作ると、、、。

主人は大きさも色も満足の様子。

10代の娘たちは、ちょっと大きい、白は布だと給食用みたい!と意見多し。

次の日にまた手芸屋さんに寄り、水色のガーゼをゲット!

サイズも微調整して出来あがりました。

次はプリーツのマスクを作って、使い捨てマスクがなくなる日に備えようと思います!

 

f:id:naishin:20200503230328j:image

我が家の休校の過ごし方

三月初旬の休校から早1ヶ月半。

その間に下の子は中学二年生になり、上の子は中学校を卒業し、高校に入学しました。

しかし、高校に行けたのは、入学式と教科書販売の日だけ。

当初、「学校にもっと行きたかった!!」と悔しそうだった子供たちもだんだん休校の自由さに慣れ、だらけてきました。親子共にこれからどうなるんだろうという不安も感じたり。

そのうちに上の子が高校に入学すると、沢山の課題が出され、日々難しい課題と向き合うことに。

 

遊びたい!学校行きたい!外食したい!

モヤモヤは募るけれど、愚痴を言っていても仕方ない。

休校を有意義に過ごそう!と考えることに。

 

そして、先週からテレワークになった主人が先頭に立って、色々決めてくれました!

朝は7時に起床!

日によっては6時に起きて家族でウォーキング!

7時半には朝食を食べて、8時から1時間は身支度と家事手伝い(洗濯物干しなど)

それから45分授業を3時間、間に10分休憩をはさみ自主学習をする!

お昼ご飯は基本的に娘たちで作る。

なんとかチャーハン、パスタ、オムライスは作れるようになりました。

そして午後は自由時間プラス買い物。(上の子は自主的に課題を終わらせるために頑張っていますが)

下の子は週に1回、登校日があります。でも、上の子は全く登校日がありません。

外に出ない日々が続いてしまうので、私が買い忘れた食材を買いに行ってもらっています。

それ以外は漫画を読んだり、絵を描いたりして過ごしています。

 

これは上の子が決めたことですが、「お風呂は16時台に入りはじめよう!」と16時前にはお風呂掃除を始め、沸かしてくれます。

 

そして19時には夕飯を食べ終え、19時からは家族皆で映画を1本観ます。

 

料理も買い物も、あまりやったことのない子供達。

豚肉一つ買うにも小間切れ、切り落とし、バラ肉などなど、どれを買って良いかわからない。卵がどこに陳列されているのかも知らない。

「あー!こんなに知らないことだらけだったのかー。私の子育て見直さなきゃ」と反省することばかり。

 

勉強や得意なこと頑張る子!だけではなく、プラス生活力のある子に育てなくては!!!と決意を新たにしました!

 

休校は悪いことばかりじゃない!と再確認しました。

皆さんと一緒に乗り越えていけたら良いなと思っています。

おめでとう

昨日、無事に中学校の卒業式を終える事ができました。

 

休校が続いていましたが、卒業式は予定通り行われました。もちろん在校生は不参加。来賓の方々もいらっしゃいません。したがって在校生の言葉もPTA会長の挨拶もありません。祝電の紹介もありません。

 

卒業式の練習は休校になる前のたった数日で、子供たちも卒業する実感なく当日を迎えたようです。

 

それでも卒業式ができ、保護者も参加できて本当によかったです。卒業生の言葉に涙し、先生方にはただただ感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

お天気に恵まれ、汗ばむくらいの卒業式。親子共々心に残る1日でした。

 

朝、家族に宛てたお手紙をくれた時はウルウルしてしまいました。

 

母である私には今までのサポートを感謝する内容でした。これからもサポートは続けるけれど、これからは長女が主体的に動き自分で判断して行動をしていける次のステップに進めるよう、長女との距離感を考えて行こうと思いました。子離れを少しずつして行こうと思います。

 

卒業おめでとう!!!

 

f:id:naishin:20200311232609j:image

ブログを始めて半年経ちました

私は結婚を機に仕事を辞め、妊娠して専業主婦をしてきました。下の子が小学一年生になるまでの10年です。

今振り返れば、この10年間は自分が母親になるとはどういうことなのか、子供とどう向き合っていったら良いのかを自問自答する時間でした。

自分中心に生きてきた私にとって子供の存在は生きがいや喜びを与えてくれました。反面、思い通りに物事が進まないことに苛立つこともありました。

自分自身の器の小ささに気づき涙することもありました。

 

そして、子供達が小学校に行っている間、短い時間でしたが無認可保育所でパートをすることにしました。なんの資格もありませんでしたが、保育補助として働く機会に恵まれました。

そこはバイリンガルを育てる、小学校受験を視野に入れた幼児園でした。その後、認可保育園の仕事にも就くこととなり、今に至っています。

 

保育園での様々な経験や自身の子育て経験を経て、幼児期の親子の関わりの大切さを学びました。

 

今のお母さんたちは本当に忙しい。忙しくて一緒にいる時間があまり取れないからこそ、きっと子供達に沢山の良いと思えるものを与えたい!と頑張ってしまっているのでは?と感じました。

でも与えられたものが多ければ多いほど、親の期待が大きくなればなるほど、子供たちが抱えきれずに苦しんでいるように見えることもありました。与えられたものを拒絶した時の親の気持ちを思って、親の顔色をうかがうようになったり。

 

もっと親も子供も気楽に穏やかに、子供の自己肯定感を育むことができるのでは?と感じました。

自分で自分を愛し大切に思い、周りの子も大切にできる子。何かに自信を持てる子。コレ好きかも?楽しいかも?とプラスの思考をもち、何でも頑張れる子。

 

そんな風に育ってくれたら嬉しい。でも実際はそんな上手くいかない。

その度に私も沢山の子育て本を読みました。

 

ブログを書く事、皆さんのブログを読む事が子育て本を読むよりももっと、今の私の心の支えになっています。

 

そしていつか、子供を持った娘たちにこのブログを読んでもらいたいと思っています。沢山の幸せな親子が増えることを祈って、これからも書き続けたいです。